CBDリキッド自作マニュアル

CBDリキッド自作マニュアル(基本的な作り方)

 

①基本的なCBDリキッドの作り方

②よくある失敗と原因

 

⇧上記の流れでまとめています。

 

PG、MCTオイル、テルペン希釈液(フルテルペン)どれを使っても、基本的な作り方は同じです。

 

CBDリキッド(VAPE)の原材料PG、MCTオイル、フルテルペンについて
CBDリキッド(VAPE)によく使われているPG(プロピレングリコール)、MCTオイル、フルテルペンについてまとめています。キック感はPGだけど猫に有害。MCTオイルは吸ってる感が弱い。フルテルペンは希釈液が必要?

 

 

※あくまで基本的な自作マニュアルになります。

※誰に学んだわけでも無く粗い部分もあるので、参考程度にお願いします。

※後述していますが、CBDリキッド自作は”相性”の部分、”失敗する時の原因の数”が多く、なかなか難しいです。

 

ヨーキー
ヨーキー

何かアドバイスがありましたら、コメント欄やTwitterにてご指摘頂ければ嬉しいです。

 

 

 

自作で完成したレシピが商品化されました。

CBG、CBNリキッドや高配合のCBDハーブも販売しているので、良かったらチェックしてみてください。

マカロニCBDについて

>>マカロニCBDについて詳細を見る

>>公式オンラインショップはこちら

 

 

CBDリキッド自作方法

  • PG等にCBD原料を溶かす
  • テルペンを混ぜる
  • 数日放置する

 

⇧超シンプルにまとめると、これだけです。

 

ヨーキー
ヨーキー

ただ同じ要領で作っても、失敗してしまう要因が複数あります・・・

 

①PGなどのCBD原料を溶かす

CBDオイル自作マニュアル

 

遮光瓶やボトルにCBD原料、PGなどを入れて溶かす。

※高濃度で無ければ、数日放置で溶けます。

 

・PG+アイソレートCBD低濃度なら数時間で溶ける

・ブロードスペクトラムや、CBGパウダーは溶けにくい

・CBDワックスを溶かす場合は、細かく砕いておくと溶けるまで早い

 

湯煎すると早い

CBDオイル湯煎

 

万が一にも水が入らないように、

  • ジップロックに入れる
  • 重りとなる物も一緒に入れる

 

テルペン希釈液を使用する場合は、(テルペンは沸点が低く、60度以下で湯煎)と見かけるので温度を意識した方が良いかも知れません。

 

僕は湯沸かし器で60度に設定⇒ぬるくなるまで放置⇒溶けるまで繰り返す

みたいな方法で、湯煎していました。

 

低温調理器

 

>>低温調理器

 

ヨーキー
ヨーキー

今はAmazonで6000円ほどで買える低温調理器を使用して、55度90分などの実験をしています。

 

温度+時間を決めて湯煎できる優れもので、

・結晶化しない高濃度リキッドなどを自作する場合、必須かも?

・大量に作る場合の効率化

 

けっこう深めの鍋が必要だったりしますが、個人的には買って良かったCBD自作アイテムです。

※基本的には無くても大丈夫です。

 

②テルペンを混ぜる

東京テルペンの品質評価

 

CBD原料を溶かしたPGなどに、テルペンを加えます。

 

①遮光瓶にPG3ml+CBD原料0.6g(濃度20%)を溶かす

②アドマイザーに①を0.45ml+テルペン0.05ml入れる

③よく振って寝かす

 

⇧こんな感じで試作しています。

 

ヨーキー
ヨーキー

テルペンでは無く、VAPEのジュースフレーバー(香料原液)を使う場合でも同じです。

 

・最適なテルペン量はテルペンの種類で変わる

・PG1mlに対し、テルペンは0.05ml~0.15mlの範囲?

 

※多すぎると(とても吸えたものでは無いリキッド)になってしまうので、少量から適切な量を探っていくのが良いです。

大体はPG1mlに対し、テルペン0.1mlほどで良い感じになる?

 

⇓テルペンは結構慎重に取り扱う必要があります。

テルペンの取り扱いについて
効果の高いCBD自作や風味付けに重要なテルペン。取り扱い時の注意点、保管方法などについてまとめています。

 

 

③数日放置する

VAPEリキッドの『スティープ』や『スティーピング』と呼ばれる工程です。

 

リキッドにテルペンを馴染ませるもので、1度作りたてリキッドを吸えば必要な工程である事が分かります。

 

・作りたてリキッドは”えぐみ”や”ケミカル臭”がする

・適切な放置時間はテルペンの量、テルペンの種類によっても変わる

 

例:同じメーカーのテルペン、同じ分量で試作

テルペンA⇒2日後に良い感じ

テルペンB⇒4日後に良い感じ

 

ヨーキー
ヨーキー

10種類ぐらいのテルペンで試作してみましたが、適切なテルペン量も、寝かせておく時間もフレーバー毎に違う印象です。

 

自作リキッドも既成品リキッドの様にすぐ吸うことも出来ますが、中にはケミカル臭が残っていたり、味がこなれていない場合があります。
そんな時に一定期間を置く事で美味しくする方法がスティープ。
私はすぐに吸ってみて大丈夫ならそのまま様子を見て使い、ダメなら1週間以上スティープします。
大切なのは空気を触れさせるなどして原因の香りを飛ばしてやる事。
私はキャップを開けて振ってやる程度ですが、スポイトで空気を送り込んだり、超音波洗浄機を使ったり、湯煎にかけたり、常時エアーをぶくぶくさせている人もいます。
結構奥が深い世界です。

引用元:フレーバー (香料原液)からリキッドを作ってみた

 

⇧VAPEリキッド自作ブログですが、スティープの工夫次第で味も大きく変わるかも知れません。

 

ヨーキー
ヨーキー

どう足掻いてもケミカル臭が強くて不味いテルペンも買ってしまったのですが、スティープを工夫すれば美味しくなるのかな・・・

 

 

よくある失敗例と対策

CBDリキッドを試作している時に、失敗した経験と原因をまとめています。

 

ヨーキー
ヨーキー

あくまで僕が経験した失敗例なので、参考程度にお願いします。※失敗経験、対策は追記していきます。

 

口の中に熱いリキッドが飛んでくる

・PGリキッド+吸い口が丸型のアドマイザーで吸引した時に起こる?

 

PGで作成したCBDリキッド、2種類の丸型アドマイザーで同じ現象が起きました。MCTオイルで作成した場合、このような現象は起きません。

 

ヨーキー
ヨーキー

MCTオイル、フルテルペンは丸型アドマイザーと相性が良い。などの(原料とアドマイザーの相性)がある気がします。

 

・吸い口が小さいほど味が濃くなり、煙の量が減る
・吸い口が大きいほど味が薄くなり、煙の量が増える

 

じゅるじゅるして吸えない(吸いにくい)

・アドマイザーが原因かも?

 

失敗例① 東京テルペンさんのおまけで付いてきた丸型のアドマイザー。PGリキッドを入れると(じゅるじゅるして吸えない)⇒一般的なアドマイザーに入れる⇒問題なく吸える

 

ヨーキー
ヨーキー

海外のアドマイザー業者を見てると、(高粘度リキッドと相性◎)などの表記があるので、(原料とアドマイザーの相性)はやっぱりあると思います。

 

えぐみ、ケミカル臭がする

・寝かせる時間が短い(スティープの工夫が必要かも)

・テルペンの量が多い

・テルペンの質が悪い

 

ヨーキー
ヨーキー

寝かせる事で美味しくなったり、テルペンの量を減らして美味しくなる場合もあれば、(テルペン少量で味が薄いくせにケミカル臭がする)どう足掻いても使い物にならないテルペンも・・・

 

味が途中で無くなる

・テルペンの種類によっては起こる現象

 

1~3口目は味も濃くて美味しいのに、すぐに風味が飛ぶテルペンもあります。

 

ヨーキー
ヨーキー

スーパーレモンヘイズは最初レモン風味が少ししても、途中からシトラスの風味だけになります。

味がすぐに無くなる場合も、テルペンの種類や質で起こる現象だと感じています。

 

結晶化する

・VG入りPGを使用している

・CBD濃度50%以上で結晶化する

・結晶化しやすいテルペンもあるかも?

 

VG入りのPG(VG30:PG70)で作ると、濃度10%でも結晶化しちゃいました・・・

 

ヨーキー
ヨーキー

VAPEリキッドはVG入りが普通ですが、CBDリキッドはPG100の方が扱いやすいと感じています。

 

 

結晶化しやすい成分

 

⇧これはテルペンでは無くて、ジュースフレーバーの香料ですが、結晶化しやすい成分が含まれているため(ピンク)だけはすぐに結晶化します。

 

ヨーキー
ヨーキー

koiのCBDリキッドは最初愛用してましたが、実際にピンクだけが結晶化します(濃度3%でも)

 

テルペンでも成分によっては、結晶化しやすい(しにくい)などがあるかも知れません。

高濃度リキッドを自作する場合、意識しておきたいポイントだと思います。

 

VAPEジュースをCBDリキッドに

 

⇧同じような方法で、家に眠っていたVAPEジュースをCBDリキッドにしてみましたが、

 

・結晶化する

・味が薄くて美味しくない

 

ヨーキー
ヨーキー

テルペンやジュースフレーバー香料原液から自作する方が、満足のいくCBDリキッドになると思います。

 

※もちろん工夫次第、原料次第だとは思いますが・・・

 

CBDリキッドの作り方まとめ

  • PGやMCTオイル、テルペン希釈液にCBD原料を溶かす
  • テルペンを5~15%程度垂らして混ぜる
  • よく振って寝かす(スティープ)

 

気を付けておきたいポイント

・原料は細かく砕いておく

・湯煎すると早い(テルペンは60度以下が良い?)

・適切なテルペンの量は種類や質で変わる

・寝かせる時間も〃

・PGリキッドと丸型アドマイザーの相性は×

 

ヨーキー
ヨーキー

CBDリキッド自作は、CBDオイル、ハーブに比べて失敗しやすいです。

 

まずは、『PGもしくはMCTオイル+CBDアイソレート+テルペン』濃度10%~20%ほどで試作してみるのが良いと思います。

 

※MCTオイル低濃度の場合、キック感が弱く(あれ?吸えてる?)となります。味もかなり薄くなります。

 

 

CBDリキッド自作は色んな要因で、満足のいかない物が出来上がります。

特に(ケミカル臭)(えぐみ)は同じメーカーのテルペンでも、種類によって強弱があるので、そういう物だと思っておくぐらいが丁度いいです。

 

 

今のところ自分の中で満足のいくCBDリキッド自作レシピは、

 

CBD原料

チルプラスCBD原料

テルペン

チルプラスパープルパンチ

 

東京テルペンさんのグリーンクラック、GSC、グランドダディパープルも個人的には微妙です。。。

 

 

・CBDハーブには使えるけど、CBDリキッドに使うと微妙なテルペンが多い

 

ヨーキー
ヨーキー

イメージ通りのテルペン入手が一番困難です(‘_’)笑

 

また、

PGにCBD原料を溶かして冷蔵庫に置いておいても、劣化していく現象も起きてるので、大量に作っておく場合の対策なども検証中です。

 

失敗例と対策、成功例は追記&修正していきます。

 

6社86種のテルペンを輸入し、200本以上の試作を繰り返して僕なりに完成したCBDリキッド。


まだ珍しいCBGリキッド、CBNリキッドもですが、CBDリキッド(濃厚)も逸品となっております。

ぜひお試しください。

>>マカロニCBD公式ショップ

【CBNリキッドは強烈?】マカロニCBDについて
『CBD、CBG、CBN3種のリキッド』『セントジョーンズワート、ラベンダー、ペパーミント3種のCBDハーブ』を販売しています。CBNリキッドは超高濃度CBDリキッドやCBDワックスよりも体感が強めで個人的には最強の成分です。

 

 

・記事の中で紹介した他の記事

CBDリキッド(VAPE)の原材料PG、MCTオイル、フルテルペンについて
CBDリキッド(VAPE)によく使われているPG(プロピレングリコール)、MCTオイル、フルテルペンについてまとめています。キック感はPGだけど猫に有害。MCTオイルは吸ってる感が弱い。フルテルペンは希釈液が必要?
テルペンの取り扱いについて
効果の高いCBD自作や風味付けに重要なテルペン。取り扱い時の注意点、保管方法などについてまとめています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました