CBT(カンナビノトリオール)とは?化学構造はTえっちCとそっくり?

CBT(カンナビノトリオール)とは

 

最近twitterで見かけるマイナーカンナビノイド成分CBT。

正式名称はCannabitriol(カンナビノトリオール)

 

海外の情報を漁っていても残念ながらほとんど情報はありませんが、分かっている範囲でまとめていきます。

 

 

自作で完成したレシピが商品化されました。

CBG、CBNリキッドや高配合のCBDハーブも販売しているので、良かったらチェックしてみてください。

マカロニCBDについて

>>マカロニCBDについて詳細を見る

>>公式オンラインショップはこちら

 

 

CBT(カンナビノトリオール)とは

 

  • 希少カンナビノイド成分(マイナーカンナビノイド)
  • 科学構造がTHCに似ている?
  • 全ての大麻草ではなく、一部の大麻草にのみ見られるレア成分

 

科学構造がTHCに似ている)というワードが気になると思いますが、(THCの向精神作用を下げる?)といったキーワードも同時によく見かけます。

 

ヨーキー
ヨーキー

ただまぁCBNが気になり始めた当初もでしたが、調べまくるより実際に試した方が100倍よく分かるとは思います。

 

※CBNが体感凄い!なんて情報は日本はもちろん(ほぼ情報0)海外検索調べ倒しても全く無かったですからね・・・

 

 

緑内障のキーワードもよく目にしましたが、副作用などのデメリット部分も何も分かっていない段階なので、嗜好品として楽しむのが良いと思います。

 

簡易版CBTリキッドについて

 

今回のCBT原料は”液状”なので、アトマイザーに入れるだけで91%(カンナビノイド100%)のCBTリキッドを吸引できます。

 

CBTアイソレートのCOA(成分分析表)

>>CBTアイソレートのCOA(成分分析表)

 

正確には、

・CBT 91.44%

・CBD 0.28%

 

※こういった原料のカンナビノイドを除いたパーセンテージは(水分)(テルペン)と言われています ※今回のCBT原料だと約9%

 

 

CBT91%リキッド

CBT(カンナビノトリオール)リキッド

 

ぶっちゃけて言うと、このままじゃ良くはありません・・・(そらそうだ)

 

風味について

  • 味は独特なヘンプ味
  • 辛くてむせる(普通に吸える範囲で)

 

体感について

  • 91%の割にはそこまで
  • ちょっと重い(心地良くはない)
  • 目に力が入ると言うか、火照った時のような感覚?

 

効きは弱い?って思いながら10口ほど吸ってたら、時間差で(CBNとは違うけどCBNに近い感覚)って感じでした。

 

ヨーキー
ヨーキー

ただその後はどれだけ吸っても何も感じません(汗)

 

ここからテルペンを足したり、他の原料を混ぜたりでどこまでCBTが活きるかは、まだまだこれからのお楽しみです。

 

CBT原料の価格は1グラム3,000円ほど

CBT(カンナビノトリオール)の通販価格

 

1g 3,080円(税込み)

まとめて10g購入すると、1g辺り2,454円になります。

 

CaliforniaDream(カリフォルニアドリーム)さんで購入できます。

 

 

CBT原料の注意点

CBT(カンナビノトリオール)原料の使い方と注意点

 

かなり漏れます(汗)

 

遮光瓶に移し替えましたがボトルやシリンジに付着してる分だけ、使い切れない部分がでてきます。

 

他にも重さ(g)じゃなくてシリンジで量(ml)を測ったりと、パウダーや固形状とは使い勝手は全然違います。

 

ヨーキー
ヨーキー

例えば1gだけ買った場合、どんな容器に入って来るかは分かりませんが、実質0.8gほどしか使えない可能性もあります。

 

 

既存リキッドに足してみた

 

マカロニCBDで新しく販売したCBG濃度15%ボトルに、CBTをそのまま追加してみました。

 

結果としては、

  • 混ざらず分離
  • 体感も割と良い感じに?
  • CBTの味とレモンが良い感じに混ざって美味しかった(たまたま)

 

※ぬるま湯40度ほどで温めれば混ざると思います。

 

簡易版カンナビノイド濃度50%ほどのCBT優勢リキッド

※感覚的にCBG15%とCBTを半々で混ぜました

 

ヨーキー
ヨーキー

味は渋めの草レモンで、体感はCBGとCBNの中間?(色々吸ってるので、まだよく分かってません)

 

 

レアカンナビCBT(カンナビノトリオール)の評価

  • 独特の風味
  • CBGやCBNとはまた違った体感(個人的に単一は微妙)
  • 原料は液状のため、細かく使うほど無駄が出る
  • 世界的にもまだまだ未知の超マイナーカンナビノイド
  • 高濃度CBTの過剰摂取などは自己責任で

 

CBNの方が体感は良いだろうし、健康面やコスパならCBGやCBDだろうし、今の段階では(そこまで流行らないかな?)と予想してます。

 

ヨーキー
ヨーキー

ただCBTならではの魅力が引き立つリキッドが完成できれば、マカロニCBDでモニター販売しようと考えています。

 

 

その他CBT原料の使い方(オイル)や、CBTリキッド販売ショップについては更新していきます。

>>Twitterで最初に最新情報をつぶやく事が多いので、良かったらフォローお願いします。

 

【低価格&高品質】CBD原料の通販おすすめショップまとめ
少量から格安、高品質で購入できる優良ショップをまとめています。現状のおすすめ通販は『ChillPlus(チルプラス)』『CaliforniaDream(カリフォルニアドリーム)』CBD、CBG、CBN、CBT、THCV原料などを国内通販で購入できるようになりました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました