HHCの規制について

HHCの規制について

 

2022年3月17日をもってHHCは違法成分となりました。

>>詳しくはこちら

 

 

ヨーキー
ヨーキー

残念すぎる規制。多くの人が必要としていたと思うんですけどね・・・

 

 

今後HHCの代わり(それ以上に・・・)となりそうな成分も国内に入ってきていると耳にします。

 

・THCP

・THCーO

・HHCーO

・HHCa

・HHCv

・HUー331

他にもあるようで・・・

 

ヨーキー
ヨーキー

HHCより強烈だと言われている成分も多くあります。1つ1つまとめていきます。 ※情報があまりにも少ない成分は除外

 

 

自作で完成したレシピが商品化されました。

CBG、CBNリキッドや高配合のCBDハーブも販売しているので、良かったらチェックしてみてください。

マカロニCBDについて

>>マカロニCBDについて詳細を見る

>>公式オンラインショップはこちら

 

 

始めに

おそらくここで紹介している成分も規制されます。

危惧しているのは、2021年4月から広く出回っているCBNなども一緒に規制される事です。

 

どの成分も”いま”違法でない限り、買う買わないは個人の自由でしょう。

否定はしません。

※ただ情報も少ないので推奨もしませんが・・・

 

ただ試すにしても、Twitterでレビューなど目立たないように使うのが良いのかも。

 

 

またCBNが主流に戻り、(より体感の強いCBNリキッド)を作るためにこっそりと入れるショップなんかも出てくるかも知れません。

 

ヨーキー
ヨーキー

良い流れとは思えない・・・

 

※ここから情報をまとめていますが、Google翻訳をそのまま貼っているだけです。あくまで参考程度にしてください。

THCP

テトラヒドロカンナビノールの略で、科学的に(-)-Trans-Δ9-テトラヒドロカンナビノールとして知られているTHCPは、天然のカンナビノイドであり、さまざまな大麻に存在するTHCの類似体です。カンナビノイド1(CB1)受容体では、THCより33倍活性が高く、強烈で酔わせるような陶酔感を引き起こしている と考えられています。

 

THCPの自然なレベルは0.1%をはるかに下回っています。イタリア産のFM2株などの一部の植物には、ほぼ0.1%のTHCPが含まれています。

比較のために、THCはマリファナで25%-30%の濃度で、麻で約0.3%以下の濃度で見つけることができます。

CBDは通常、麻では20%から30%、マリファナでは約15%の濃度で存在します。

 

THCPを試したほとんどの人(それほど多くはありません)は、効果がデルタ9 THCの効力の5〜10倍であると報告しています(これはまだ効力の大幅な増加です)

 

 

※THCP=自然 と書かれていますが、実際に出回るのは合成である可能性が大いにあります。

 

THCーO

THC-Oアセテート、またはTHC-Oは、THCの合成類似体(または化学双生児)です。つまり、THC-Oは確かにカンナビノイドですが、自然に発生するものではなく、現代の大麻技術によってのみ安全に製造することができます。

 

THC-Oの魅力は、その効力と法的地位にあります。研究によると、従来のTHCの約3倍の強度があります。境界性の幻覚効果から「サイケデリックスカンナビノイド」と呼ばれています。

 

THC-Oで蒸気を吸ったり軽くたたいたりすると、化合物が加熱され、過酷な煙や副産物を生成する可能性があります。これらの煙は肺疾患を引き起こす可能性があり、リポイド肺炎と呼ばれる状態の形成に寄与する可能性があります。これは、ビタミンEアセテート(同様の分子構造を持つ)を吸う一部の人々に見られる潜在的に致命的な状態です[ 1 ]。

 

 

HHCーO

 

このカンナビノイドは人工的なものであるため、人間の手で製造する必要があります。したがって、専門の化学者がHHC濃縮物を無水酢酸とブレンドします。

化学反応はカンナビノイドの効力を高めます。

 

HHC-OはHHCの1.5倍程度の効力を持っているため、これは注意が必要です。そして、HHCはDelta8とDelta9THCの中間にあります。

HHC-OはDelta9THCよりも少し強力であると言えます。最初は、筋肉がリラックスし、心が落ち着きます。その後、それは激しい肉体的および精神的な経験を引き起こす可能性があります。

 

HUー331

 

HU-331とは何ですか?どのように作られていますか?

カンナビジオールヒドロキシキノン(CBDHQ)と呼ばれることもあるHU-331は、CBDから合成されたキノン薬です。大麻ブロックの新しい子供のように見えるかもしれませんが、この化合物は50年以上にわたって研究所の周りを循環しています。ヘブライ大学(「HU」の由来)は、1968年に水酸化カリウムを使用してCBDを酸化することによりHU-331を最初に合成しました。それ以来、科学者たちは、抗生物質と抗癌効果を利用する方法を探して、HU-331を数え切れないほど合成してきました。

 

HU-331はCBDの製品であり、大麻植物で最も豊富な非精神活性カンナビノイドであるため、精神活性効果を引き起こさないようです。

 

 

最後に

2022年3月17日よりHHCは違法成分となりました。

 

CBD、CBG、CBNリキッドもHHCが出回り始めた2021年12月に比べ、質の良いものが出てくると思います。

 

マカロニでも(味、結晶化)などの最終確認に最低2週間はかけているので、販売は4月頃から順次~~ になりますが、

 

・お手頃価格の高濃度フルーティー

・高級原料&テルペン&機器を使った最高品質リキッド(規制の入りそうな成分は不使用)

 

⇑個人的には満足のいくリキッドに仕上がりそうなので、楽しみにしててください。

 

ヨーキー
ヨーキー

それまでは他ショップさんを試したり、マカロニでの購入は控えめでお願いいたします。

 

>>マカロニCBDショップをフォロー

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました