『更新中』国内最新カンナビノイド状況まとめ

『更新中』合成カンナビノイド国内状況まとめ

 

2022年7月に国内で出回ると予想されるカンナビノイド成分についてまとめています。

※現時点で把握している事をまとめているだけなので、参考程度にお願い致します。追記、修正していきます。

 

ヨーキー
ヨーキー

(O系は加熱吸引するとケテンが発生して肺にダメージ)みたいなのも、正直根拠は薄いです。どれを取っても”よく分からない””そんな説もある”程度の認識が適切だと思います。個人的に今の流れで重要視している事もまとめています。

 

 

 

フルーツ風味など初心者向けショップ『マカロニCBD』

マカロニCBDについて

>>公式オンラインショップはこちら

 

玄人リキッド専門店『玄人CBD』

玄人リキッド専門店
>>玄人CBD

>>BASEショップはこちら

 

 

2022年7月に出回るであろう成分

※一部6月中に出回っている成分もあります

 

体感の強いCBDディストレート

 

”検出されない何か”を配合し、体感を強めている?

名称は(CBDディストレート)として輸入が可能な、裏技的な存在?

成分分析証明書(coa)を見ても、体感が強い理由も何が入っているかも分かりません。

 

・これをやっちゃうと純粋なCBDディストレートも同じ括りにされるのでは

・規制リスクが低く、ある意味最強のディストレートとも言える?

 

ヨーキー
ヨーキー

純粋なCBDディストレートのイメージダウンにも繋がり、”これは無いやろ”って部分もありますが、規制リスクが低い?逮捕リスクも低い? などの見方もできます。

 

”検出されない何か”とは、新成分のため分析をかけても検出されないと聞いています。

THCB

おそらく、このTHCBが(検出されない何か)の正体だと思われます。

 

THCBはまだ非常に新しいものであり、これまでのところ、その存在を確認し、その特性の表面をかろうじて傷つけた研究は1つだけです。その発見は非常に最近であったため、THCBの潜在的な用途や利点についてはほとんどまたはまったく知られていません。

ただし、予備データは、THCBがTHCと同様に動作し、痛みを和らげ、抗炎症作用を発揮する可能性があることを示唆しています。THCBがTHCと同じ精神活性特性を持っているかどうかはまだわかりませんが、THCBも潜在的な睡眠補助剤になる可能性があります。

THCBはCB1受容体に対する結合親和性が強いため、THCよりも強力である可能性があります。しかし、この効果はまだ人間では確認されていません。また、THCBは大麻植物には豊富に含まれていないため、消費されたときにどの程度効果があるかは不明です。

引用元:https://leafwell.com/blog/what-is-thcb/

 

仮に抜き打ちで検査をかけられても”バレない”=THCBでは? といった単なる仮説です。言いたい事は(こういうやり方が増えてきている)です。

 

ヨーキー
ヨーキー

まぁ最近色々と耳にしますが、メラトニン問題なんて可愛く思えます。  

 

 

ライブレジン

ライブレジンとは、(瞬間冷凍してから化合物を抽出する)⇒(乾燥させる従来の方法で失われることが多い、より軽く、より繊細なテルペンを保存することができます。 )

 

ヨーキー
ヨーキー

名前はカッコ良いですよね。

 

HHCP

HHCpは、THCpの水素化バージョンです。これは、HHCがTHCの水素化バージョンであるようなものです。アルカン鎖には2つの追加の炭素があるため、HHCとは異なります。HHCと同様に、9炭素に結合しているメチル基に応じて、9Rと9Sの両方の確認に表示されます。アルカン鎖の長さを長くすると、THCpのカンナビノイド受容体への結合が増えることが示されています。これは、HHCpでも同じことが言える理由です。初期のレビューから、ほとんどのユーザーはそれがHHCやTHCpよりも強いと言います。純粋な形のHHCpは、わずかに黄色の粘性のあるオイルです。

 

HHCPの噂

・世界的に流行っているのはHHCP

・HHCの33倍

・HHCの1.5~2倍

 

様々な情報が飛び交っていますが、個人的に”強い成分”の中では1番期待しています。

 

ヨーキー
ヨーキー

原料への透明性がしっかりとしています。

 

期待している部分

・たった1~5%入れるだけで、CBGやCBNを数段階上げれるのでは?

・例えば濃度5%で充分だった場合、(残りの95%は何を調合するか)など調合の幅がかなり広がる

 

懸念点

・THCの偽陽性

・成分の特徴を把握せずに、差別化のためだけに他ショップより高い濃度で販売⇒過剰摂取

・おそらくO系と同じく規制リスクが高い

 

⇓今分かっている範囲でまとめています

『〇〇の33倍?』HHCPとは
国内で出回る強力カンナビノイド成分の中でも、おそらく1番強いと思われるHHCPについてまとめています。

 

少し特殊な原料で、g辺りの単価(国内相場)はCBNの20~30倍です。

作用も強力のため、僕が仕入れようとしている業者さんは”最大濃度15%と制限”をかけていたりします。『HHCP濃度80% 1万円』なんてのは間違いなく詐欺なので、注意してくださいね。

 

まだ非公開

近々公開されると思うのですが・・・

 

今のところの情報から期待している部分は、

・CBNより安く、CBNよりも強い作用に期待

・THC由来ではないため、THCの異性体は全部アウト!(CBNやTHCVも)となった時に、生き残れる可能性がある

 

ヨーキー
ヨーキー

HHCP、こちらの成分を玄人CBDにて取り扱い検討しています。

 

 

その他の国内カンナビノイド情報まとめ

THCO

=体感しやすい僕でも結構な摂取量を必要とするため、あまり良いと感じれなかった。吸引によるケテン問題も信憑性は低いものの、(アメリカでも原料を購入する時にVAPEでの使用をしない契約費にサインが必要)との事。

仕入れ業者の信用性、価格、実際の体感による総合的な視点でみた時に、これは扱えないと判断。

 

HHCO

=体感はHHCに近いものの、(国内に入ってきている原料に不信感だらけ)だったので取り扱いは不可。※本当びびるぐらい工場臭がするんですよ汗

 

THCOなどO系カンナビノイドについて
THCOとは?HHCOとは? 実際に試した体感と感想、懸念点についてまとめています。VAPE(リキッド)だとケトンが発生⇒肺にダメージ? エディブルなら大丈夫? 現在日本で流通しているTHCO、HHCO、CBNOなどOが付くカンナビノイドについて

 

ヨーキー
ヨーキー

工場臭いとか個人の感覚でしか無いんですけどね。ただHHCOエディブルを食べるぐらいなら、僕は間違いなくCBNOエディブルを食べます。

 

 

CBNO

=こちらの感想は今のところO系の中では1番。ただ結晶化しやすい感じもしてたり、HHCOなどに比べれば弱い可能性もあります。  ケテン問題などのタイミング的に、リキッドで販売されているショップもおそらく無いですけどね・・・

 

 

10g 44,000円と高価ですが、食用オイルに溶かしてブースターとして使えば優秀かも? といった感じはあります。

>>販売先はこちら

 

ヨーキー
ヨーキー

1gをMCTオイル10mlほどで溶かして、CBGリキッドなどと合わせる使い方は規制の心配がなければもっと勧めていると思います。(後は1gだけ、4,000円程度で買えれば良いのになぁと・・・いきなり4万は手が出ないですよね汗)

 

【めちゃ簡単】CBDオイル自作マニュアル
CBDオイルの作り方について。自作するメリットは【節約】もですが、【CBG濃厚オイル】などを自作できる事かなと思います。超高濃度CBDオイル自作や、手持ちのCBDオイルの濃度を上げたり色々とできるのも◎

 

 

 

9beta

=とあるリキッドを軽く試しただけですが、作用はHHCに近かったです。ただTHCとして検出されるなどの問題が起きたため、回収が起きたりしてほとんど出回っていません。

しかし、

 

 

チラクシー9beta CBNディストレート

 

>>こちらから進むと、気になるワードが表示されます。

 

ヨーキー
ヨーキー

チラクシーさん際どいライン攻めまくってますね。

 

 

※追記、修正していきます。

※可能な限りメンバーで人体実験をしつつ、見極める感覚を養おうと思っています。

 

 

混沌としてきている業界ですが、

フルパネルCOA(信憑性の高いCOA、安全性データシート(SDS)、製造工程)など可能な限りの安全性を確保し、さらに実際に試した上で”世に出したい”と判断した原料のみ仕入れる。

⇧こういった信用できる優良業者さんも出てきています。

 

ヨーキー
ヨーキー

たとえ間違う事があっても(悪意はない)(応援したくなる)ような感覚ですかね。

 

 

初期のO系などよりもよっぽどちゃんとしています。

※それも個人の感覚でしか無いですけどね・・・

 

ヨーキー
ヨーキー

現在玄人CBDで販売している”ふかチル”は、(天然にも多く含まれている成分)では割と限界値だと思っています。

個人的に満足していますが、そこから上はやっぱりここでまとめた成分を使用する必要があります。

 

 

(よく分からない)は怖いと思いますし、

・規制が入り危険ドラッグ扱いになる

・摂取量の調整が難しく、BADに入る(強い不安に襲われたり、動けなくなる)

 

などなど強い成分ほどリスクは高まります。

 

ただし、

・CBDやCBNだけだと届かない部分に届く可能性(痛み、睡眠、メンタルなど)

・少量で済む=結果コスパが良い

 

他では補えないメリットもあると思います。

 

 

『購入時の最終判断』

試してみたいけど不安だって場合の見極め方は、

(実際にショップと電話で喋って、色々問い詰めれば良い)だと思います。

 

ヨーキー
ヨーキー

何にも成分の事を分かっていなかったり、パッと商品の成分割合を答えられなかったり、BADなど何かあった時の対応について不信感を抱けば買わない判断をしてください。感覚的に半数以上の業者は、(電話が繋がらない)か(適当な事を言う)だと思います。

 

本来こういった対応は実際厳しいですし、同業者さんから批判を喰らうのかもですが、ここでまとめたような成分達は(そういう成分)だと思っています。

 

勘繰らずに楽しむ!  これ大事ですもんね。

 

(CBD、CBG、CBN、CBC)⇐これらの成分で満足できれば良いのですけどね・・・ やっぱり広告が常に流れるようなTwitterを見ていると、新成分も気になって来ると思います。

 

正直こんな何でもありの流れは来て欲しくなかったですが、今しか楽しめない状況だとポジティブに捉える考え方もありでしょう。

ただ初心者さんは手を出すべきでないのは間違いないので、試すにしてもCBGやCBNからお試しくださいね。

 

良きチルタイムを。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました