【めちゃ簡単】CBDオイル自作マニュアル

CBDオイル自作マニュアル

 

チルプラスさんの『CBDオイル自作キット』を購入すれば、⇧上記のセットで届きます。

 

  • 遮光瓶
  • CBD原料
  • テルペン(別途オプション)

 

※CBDオイル自作にテルペンは無くても大丈夫です。

※CBDハーブ、VAPE自作に役立つので買っておいても良いとは思います。

 

ヨーキー
ヨーキー

遮光瓶にCBD原料と、MCTオイルなど食用オイルを入れて溶かすだけでCBDオイルは完成です。(めちゃ簡単)

 

⇓CBDオイルは大体(MCTオイル)(ヘンプシードオイル)が使用されています。

【CBDオイル】自作にはどの食用オイルを使うのが良い?
CBDオイル自作時に使用する食用オイルについて。一般的にはヘンプシードオイル、MCTオイルが使用されています。無味無臭でエネルギーになりやすいMCTオイル、麻の風味が濃くて苦いヘンプシードオイル。どちらもメリットデメリットがあります。

 

 

自作で完成したレシピが商品化されました。

CBG、CBNリキッドや高配合のCBDハーブも販売しているので、良かったらチェックしてみてください。

マカロニCBDについて

>>マカロニCBDについて詳細を見る

>>公式オンラインショップはこちら

 

 

遮光瓶にオイル+CBD原料を溶かす

【CBDオイル】MCTオイルとヘンプシードオイルの違いとメリットデメリット

 

⇧遮光瓶にCBD原料+(ヘンプシードオイル、MCTオイルなど)を入れます。

 

CBDオイル自作マニュアル

CBDオイル自作30時間後の溶け具合

※画像ぼやけてますね(汗)

 

あとは放置するだけでCBDオイルを自作できます。

 

大体20~30時間ほどで溶けます。

 

・出来るだけ細かく砕いておくと溶けやすい
・湯煎すると早い

 

湯煎するとすぐに溶ける

CBDオイル湯煎

 

万が一にも水が入らないように、

  • ジップロックに入れる
  • 重りとなる物も一緒に入れる

 

60度のお湯に入れて、ぬるくなるまで放置。

・⇧パウダーだと1回で溶ける

・塊があると2回で溶ける

・CBGはCBDより溶けにくいなどの差がある

 

もっとお湯の温度を上げた方が早いと思いますが、成分が飛ばないのか心配&湯沸かし器で最大60度なので、60度で試してみました。

 

冷めた後は、
冷蔵庫や冷暗所に保管しておきましょう。

 

ヨーキー
ヨーキー

既存CBDオイルに、同じやり方で濃度を上げる事も可能です。

 

濃度はお好みで

MCTオイル10ml+CBD原料1g(1000mg)

=CBD濃度10%のCBDオイル

 

ヨーキー
ヨーキー

CBDオイル自作は失敗しないはずなので、いきなり濃度10%オイルなどを自作して大丈夫だと思います。

 

格安&高品質のチルプラスさんで原料を購入すれば、ブロードスペクトラム濃度10%のCBDオイル(10ml)を3,000円足らずで自作できます。※市販だと安くても5,000円はする。

 

ヨーキー
ヨーキー

CBDリキッドなどは自作が難しいですが、CBDオイルは自作をおすすめします。

 

CBG濃厚オイルなども自作できる

⇧これガチで効きます。(CBGパウダーはまだ激高ですが、チルプラスさんで販売されるとの事なので期待しておきましょう。)

 

ヨーキー
ヨーキー

まだ日本では見当たらないCBG濃厚オイルや、ブロードスペクトラム濃度30%オイルなどを自作できるので一度は試してみて欲しいと思います。

 

既存CBDオイルに足すのも◎

 

ヨーキー
ヨーキー

手持ちののCBDオイルに原料を足して溶かすと、濃度を上げたりパワーアップする事もできます。

 

⇓CBGなどの成分について(CBD商品レビューブログ)

CBD以外の大事なカンナビノイド成分についてまとめてみた
【マニアックなCBD製品の選び方】CBNは睡眠、THCVは活力アップ、食欲抑制、CBGはGABAに作用するなどCBD以外にも重要なカンナビノイド成分は複数あります。知る事で用途、目的に合った理想のCBD製品を見つけやすくなったり、欲しい効果を高めることも可能に?

 

 

⇓CBDオイルは大体(MCTオイル)(ヘンプシードオイル)が使用されています。

【CBDオイル】自作にはどの食用オイルを使うのが良い?
CBDオイル自作時に使用する食用オイルについて。一般的にはヘンプシードオイル、MCTオイルが使用されています。無味無臭でエネルギーになりやすいMCTオイル、麻の風味が濃くて苦いヘンプシードオイル。どちらもメリットデメリットがあります。

 

⇓CBD原料の仕入れ先

【低価格&高品質】CBD原料の通販はチルプラスがおすすめ
アイソレートCBD原料は3000円以内、ブロードスペクトラムCBD原料は4000円以内で購入したいところ。少量から格安、高品質で購入できる優良ショップをまとめています。現状のおすすめ通販は『ChillPlus(チルプラス)』

 

⇓ブロードスペクトラム原料使用がおすすめです

理想のCBD製品を自作するためのポイント【成分と効果】
【CBD自作の前に入れておきたい知識まとめ】自分基準で安心できるCBD原料、アイソレートCBD以上で自作する、CBG、CBNなどの含有量、サティバ、インディカの違いも知っておくと目的に合ったCBD製品を自作できる確率が上がります

 

⇓CBD自作にあると便利なもの

【CBD自作】あると便利なアイテムまとめ
シリンジ(注射器)、薬さじ、デジタルスケール(はかり)、遮光瓶、ラベルシール、アドマイザー、保管袋などCBDオイルやリキッド自作にあると便利なグッズをまとめています。

 

⇓CBDハーブ

CBDハーブ自作マニュアル【麻皇ハーブを軽く再現】
CBDハーブの作り方について。大人気の麻皇ハーブやカメハーブを再現。ポイントは【テルペンをしっかりと乾燥】【テルペンは多くても少なくても×】自分好みの美味しく強烈なCBDハーブを自作できます

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました